« METライブビューイングの来シーズンラインナップ | トップページ | 連休に観た映画 2014 »

2014年4月28日 (月)

ジャルスキーのコンサート

フランス人カウンター・テナーのフィリップ・ジャルスキーとヴェニス・バロック・オーケストラの演奏会に行きました。私の大好きなバロック。当時のオペラの華だったカストラートが現代に甦った歌…フィリップ・ジャルスキーの芸に酔いました。

フィリップ・ジャルスキー&ヴェニス・バロック・オーケストラ
2014年4月25日 東京オペラシティ コンサートホール タケミツメモリアル

 

ポルポラ:歌劇『ジェルマーニコ』序曲
  〃  :歌劇『アリアンナとテーゼオ』より「天をごらんなさい」
  〃  :歌劇『身分の知られたセミラーミデ』より「これほど憐れみ深く貴方の唇が」
ヘンデル:<12の合奏協奏曲>第4番 Op.6-4 HWV322
  〃  :歌劇『アルチーナ』より「甘い情愛がわたしを誘う」
  〃  :     〃     より「いるのはヒルカニアの」

 

ヘンデル:歌劇『オレステ』より「凄まじい嵐にかき乱されながら」
  〃  :歌劇『アリオダンテ』より「戯れるがよい、不実な女め」
  〃  :<12の合奏協奏曲>第1番 Op.6-1 HWV319
ポルポラ:歌劇『ポリフェーモ』より「いと高きジョーヴェさま」
  〃  :     〃      より「愛しの人を待つあいだ」

 

アンコール
ヘンデル:「涙のながれるままに」
  〃  :「オンブラ マイフ」

いまやカウンターテナー界の貴公子にして実力・人気とも群を抜くジャルスキーが来日。
今回のプログラムは18世紀前半のロンドンで人気を二分したヘンデルとポルポラのオペラから、カストラートのテクニックと表現力を駆使したアリアを選んで、ジャルスキーが歌いまくるプログラム。その当時ライバルとして火花を散らした両作曲家が歴史に残るカストラート、ファリネッリ(ポルポラ)とカレスティーニ(ヘンデル)のために書いた楽曲の数々です。

会場は女性の姿が目につきます。
アジアツアーで北京公演を終えて来日したジャルスキーはタキシード姿でさっそうと登場。
スマートな体型に甘いマスク。女性に人気なのも納得です。
しかし歌い出すとその声がまた素晴らしい!カウンターテナーとは言いながら、その声はコントラルト並みに高い音域を自在に駆け巡り、全音域にムラがありません。声の輪郭が常にクッキリとしていてアジリタも俊敏そのもの。音程のブレもない。アップテンポの上昇下降音型ではきらめくような音符が連なり、しかもフレーズの取り方が実に上手い。ゆったりした情感を描く歌では、一つの音を弱音~最強音~再弱音…と伸ばすメッサ・ディ・ヴォーチェの美しさにゾクゾクしてしまう。いやはや凄い歌手です。

音の高低だけでなく奥行きや強弱、ひとつひとつの音符の粒や長さまで完璧にコントロールして歌いあげているのに、ただただ驚かされます。

バロックオペラのアリアの多くはダ・カーポ形式ですから、曲の第1節が繰り返されるわけですが、この時のヴァリアンテ(装飾的変更)も見事!適度な意外性と様式美が卓越した声で奏でられるときの心地良さは格別ですね。

プログラム前半の締めくくりだったヘンデル『アルチーナ』から「いるのはヒルカニアの」はとても有名な曲で、ホルンを伴ったオケの音楽と共に展開する華麗なアレグロのアリア。
僕も大好きな曲です。グイグイ人の心を持っていってしまうヘンデルの推進力が冴えるアリアは、それこそカストラートの超絶技巧が散りばめられております。
1曲歌いきるのはさぞや大変だと想像するのですが、ジャルスキーはダ・カーポで第1節に戻ってからがまだ凄い。長いフレーズにヴァリアンテを施して、おまけに最後にホルンと会話するように掛けあって微笑みすら浮かべて歌い終わる。
いやぁ、もう大興奮。やんやの喝采。ヘンデルの時代にカレスティーニが歌ったのはまさにこんな感じだったのか…!?

プログラムが進むにつれてジャルスキーの変幻自在の歌声に客席がどんどん熱くなっていきました。
バロック時代のカストラートはオペラの華であり大スターでしたが、失神者も出たという当時の劇場の空気の片鱗を感じた気がしました。やっぱり男声の高音による超絶技巧と甘い情感は特別だなぁ。同じイタリア・オペラでもヴェルディやプッチーニには決して無い要素。人間の声の芸術をあらためて実感しました。

ヴェニス・バロオク・オーケストラも「イタリア」の要素を随所に感じさせてくれる演奏。
田園を吹き抜けるそよ風のように優しく、夏の午後のつむじ風のようにハッとさせるアクセント、嵐のように情熱的な響きがあったかと思えばルネサンスの庭に咲き誇るバラのように甘い香りの弦のハーモニーもある…。
ジャルスキーとの公演も多いだけに、お互いの呼吸はぴったりで、これがまたアリアの完成度を高めております。

ヘンデルとポルポラのライバル関係の中で生み出された楽曲を、素晴らしい歌手が縦横無尽に歌うというプログラム構成の妙もあって満足度大。
こういう歌手は何十年に一人って感じでしょう。
それを生で聴ける喜び…。

仕事で本来は行けない予定だったのが、急遽時間が空いて当日券買いで行ったコンサート。大当たりでした!


« METライブビューイングの来シーズンラインナップ | トップページ | 連休に観た映画 2014 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!古楽を愛する群馬のおばさんです。私も東京に住む友人と彼のコンサートに行きました。本当に素晴らしい歌声で、夢見心地でした。前回のヴィヴァルディは、一曲目はかなり緊張されているようで、彼本来の力があまり出ていなかったように感じました。しかし、ポルポラとの相性が良かったせいもあったのでしょう、今回のコンサートは総じて素晴らしいものでした‼︎

投稿: 谷淵彩菜 | 2016年4月21日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546588/59543112

この記事へのトラックバック一覧です: ジャルスキーのコンサート:

« METライブビューイングの来シーズンラインナップ | トップページ | 連休に観た映画 2014 »