« バルトリの「チェネレントラ」~ザルツブルク聖霊降臨音楽祭~ | トップページ | 3つの鮮烈なる鑑賞① 「コバケンとハンガリー国立フィル」 »

2014年6月14日 (土)

ザルツブルク「聖霊降臨音楽祭2014」つづき~「オテッロ」~

「ロッシーニッシモ!」と言うタイトルの2014年の聖霊降臨音楽祭。

今回上演されたもう一つのオペラは「オテッロ」です。
シェークスピア原作の物語でヴェルディのオペラが有名ですね。…というか、オペラで「オテッロ」と言ったらヴェルディの作品のことだと思う人が圧倒的に多いのが現実。

しかしですね、ヴェルディがまだ3歳だった1816年に24歳のロッシーニが発表したオペラ「オテッロ」はヴェルディとはまた違った魅力にあふれています。テノールが4人も出てきますし、オペラ物語史上のワルとして描かれるイヤーゴも、悪人ではありますがヴェルディの「オテッロ」のように主役級の存在感ではなく、あくまで脇役。いや、オテッロ自身も圧倒的主役ではありません。主役はあくまでデズデーモナ。その苦悩にスポットを当てて物語が進行するのがロッシーニの「オテッロ」なのです。
詳しくは日本ロッシーニ協会のHPから、水谷彰良さんの作品解説をご参照ください。
→ http://societarossiniana.jp/

ロッシーニ 「オテッロ (または ヴェネツィアのムーア人)」

指揮:ジャン・クリストフ・スピノジ
演出:モーシュ・ライザー、パトリス・コリエ

オテッロ:ジョン・オズボーン
デズデーモナ:チェチーリア・バルトリ
エルミーオ:ペーター・カールマン
ロドリーゴ:エドガルド・ロッカ
ヤーゴ:バリー・バンクス
エミーリア:リリアナ・リキテアヌ
総督:ニコラ・パミオ

アンサンブル・マテウス、ウィーン国立オペラ座合唱団

その主役のデズデーモナがバルトリでした。
7日は「チェネレントラ」を歌い、8日は「ロッシーニ 大ガラコンサート」に出演して歌い、9日は「オテッロ」の舞台ですよ!音楽祭の監督とは言いながら、これほど精力的に出演しているのに圧倒されてしまいますが、本番の舞台がまた完璧だけにひれ伏すばかりです。
オテッロを歌うのはジョン・オズボーン。ヤーゴはツルツルに頭を剃りあげたバリー・バンクス。デズデーモナに片思いするロドリーゴはエドガルド・ロッカでした。

この舞台ではバルトリの「女優力」みたいなものに圧倒されました。
そりゃあなた、歌を武器にした大女優!オテッロとの密かな愛が成就するかどうかの震えるような喜びを少女のような愛らしさで表現したかと思えば、父にロドリーゴとの結婚を指示されて絶望に落ちる苦悩を伝え、ロドリーゴとオテッロが彼女をめぐって決闘となる場面では身を挺して2人の男に割って入り、しかも過酷な運命に翻弄される哀しさをあふれさせ気を失う。そして自分の真意がオテッロにさえ伝わらない状況に陥り、嫉妬の鬼と化したオテッロに身の潔白を訴えるもかなわず、ついに自ら「私を殺して」と迫ってオテッロによって刺殺されてしまう壮絶なラストシーン…。
高貴な女性の覚悟を全うする物語を見事に演じ歌いきったバルトリこそ、ロッシーニの「オテッロ」を本当に歌える歌手なのを心の底から納得しましたよ。
演じたり、歌うという段階ではなくて、デズデーモナそのものになりきった!…と言っても良いでしょう。その迫真の姿に感激。
歌と演技でここまで表現できるバルトリの凄まじいまでの表現力に会場は総立ちの拍手でした。

テノール陣でも特にオテッロ役のオズボーンとロドリーゴ役のロッカ、ヤーゴのバンクスは実にバランスが取れた陣容でテクニックも声質もアンサンブルの響きも素晴らしかった。
この「オテッロ」は以前ペーザロのロッシーニフェスティバルで見たのですが、その時はオテッロがグレゴリー・クンデでロドリーゴがフローレス。デズデーモナは当時まだデビューしたてのペレチャツッコでした。この時はクンデの豊かにして存在感ある声とフローレスの「神の声」にデズデーモナは影が薄い印象でしたが、やっぱり歌手が変わるとオペラそのものの印象がガラリと変わります。
ロッシーニが創作した当時のナポリ・サンカルロ歌劇場の大歌手イザベッラ・コルブランのためのオペラという事実が、今回は実によく納得できました。

バルトリ…まさに現代のコルブランです!

とにかくこういうオペラは、世界のどこでも体感できるタイプではありません。
わざわざ出かけて行って初めて実感できる代物。
その意味で、本当にザルツブルクまで行って良かった…と、しみじみ思いました。

人間、大人になっての納得は、理屈による納得と感性による納得があるといいますが、今回は圧倒的に感性が震えまくる納得…そして感激。
生きてて良かった~~ってもんです。


« バルトリの「チェネレントラ」~ザルツブルク聖霊降臨音楽祭~ | トップページ | 3つの鮮烈なる鑑賞① 「コバケンとハンガリー国立フィル」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546588/59810738

この記事へのトラックバック一覧です: ザルツブルク「聖霊降臨音楽祭2014」つづき~「オテッロ」~:

« バルトリの「チェネレントラ」~ザルツブルク聖霊降臨音楽祭~ | トップページ | 3つの鮮烈なる鑑賞① 「コバケンとハンガリー国立フィル」 »